Various10日集中講座

【day6】「自己PR」を充実させよう①

自己PRを充実させる①

ワーカー情報の入力が完了すると、自己PRに移りましょう。

プロフィールの基本情報が記入されていても、
自己PRが充実していなければ仕事の受注につながりません。
つまり、自己PRは就職活動での履歴書や職務経歴書といえるでしょう。

そこで今回は、自己PRについて2回に分けて解説させていただきます。
自己PRの重要性や、評価が高い人はどんな自己PRを書いているのかを見ていきましょう。

「自己PR」の重要性について

企業は、案件を発注する際の基準として、ワーカーの自己PRをチェックします。
自己PRは、ワーカーの知識や経験を知ることができる重要な項目なのです。
そのため、読みやすく、人柄が伝わるような内容にすることが重要になります。

人気がある案件は、応募者の数が多いため競争率も高くなりがちです。
仮に応募者が多数になり、提案文だけでは決められない時は、
経験や知識などを基準にワーカーを決定するでしょう。

得意とする業務やこれまで経験、実績を自己PRに記載しておくと、受注率を上げることができます。

また、提案文が充実していても、自己PRに魅力を感じない場合は採用されないケースもあるでしょう。
しかし、提案文と自己PRが充実していれば、企業側からスカウトを受ける可能性もあるのです。

実は、直接オファーが来る案件は、単価も高い傾向にあるのです。
そのため、自己PRは時間をかけて、内容が濃いものを作成する必要があります。
また時々見直して、最新の情報に更新することを忘れないようにしましょう。

評価の高い人はどんな「自己PR」を書いているの?

自己PRを充実させるには、どのような点に気をつければよいのでしょうか?

実際に考える際は、評価の高い人が書いている自己PR を参考にしながら、
あなたらしい文章を作成しましょう。

まず、クラウドワークス画面の下にあるメニュー一覧から
「クラウドワーカーを探す」をクリックします。
ページが表示されたら左側に「職種でさがす」とありますよね。
そこで、自分が得意とする分野や興味のある分野を選択します。
カーソルを合わせると詳細が表示されるので、クリックしましょう。
すると、該当するクラウドワーカーの情報が表示されます。

スキル・性別・年齢層・都道府県・スキル検定・評価・契約完了実績のある仕事、
などで検索することができます。

ここでは「評価」を「5.0」に絞込み、高い評価の自己PRを参考にします。

自己PRに使えそうなヒントが見つかったら、
その文章を参考に自分らしい自己PRを作成してみましょう。

企業側の評価が高い人は、この人に仕事を依頼すれば、
最後まで責任を持って質の高いものを作り上げてくれると信頼されている証拠になります。

また、【day4】で「気になる!リスト」に保存した募集内容を見て、
応募しているワーカーのプロフィールを参考にすることも一案です。

このように、多種多様な自己PRを見ることで、自分の強みを再確認することが重要です。
効果的なアピール方法を知ることで、自己PRがより充実したものになるでしょう。

自分のセールスポイントを書き出していこう

自己PRを書く際は、
自分の性格・スキル・特異な分野・経験・環境などを箇条書きで書き出してみましょう。
例えば、以下のような内容です。

*業務を行うための一般常識を備えている
*スケジュール管理ができる
*円滑なコミュニケーションが取れる
*責任を持って業務に取り組める
*採用になった場合は、企業側にどのようなメリットがあるかを伝える
*自己分析をしてみる
(集中力がある、発想力が豊か、コツコツと作業ができるなど)
*自分の環境を整理してみる
(1週間に何日稼動できるか、1日に何時間稼動できるか、子育て中であるかなど)
※自分の環境を記載していると、企業側とのミスマッチを避けることができます。
※職歴・有利になるような経歴・資格をアピールする
(福祉、介護経験あり、翻訳経験あり、デザインの仕事をしていた、金融機関で勤めていた、プログラミング経験あり、税理士、会計士、インストラクターなど)

クラウドワークス初心者の場合は、得意な分野の詳細を記載するようにしましょう。

例えば「美容関係のライティングに自信があります」や
「データ入力などの正確性が求められる作業はお任せください!」など、
自分の強みを具体的にアピールすることが大切です。

また、企業側とワーカーが連絡を取る方法は、
クラウドワークス内のメッセージやチャットワークなどになるため、
受信したメッセージに対して迅速に回答するという心がけも大切です。

事前に不明な点や質問を解決させることによって、スムーズな作業を行えるでしょう。
円滑にコミュニケーションを取ることは、高品質な作業を行うために必要不可欠な要素です。

まとめ

今回は、「自己PRを充実させよう」の第一弾として、
自己PRの重要性や考え方をご紹介させていただきました。

自己PRは、受注数を上げるための重要な要素です。
企業は、自己PRの情報をもとにこれまでの仕事の実績やスキル、やる気をチェックしています。

自己PRを充実させることで、自分とマッチした仕事とめぐり合うことができれば、
モチベーションもアップすること間違いなしです。

また、クラウドワークスでの実績を自己PRに反映させていけば、
大きな成長を実感することができるでしょう。