Blogシーアンドエス編

継続した仕事が欲しいって?じゃ、一度考えてみて。

継続した仕事が欲しいって?じゃ、一度考えてみて。

在宅ワークに関しては、甘い言葉一切言わない管理人のシーアンドエスです。

「継続した仕事が欲しいのですが、どうしたらいいですか?」
こういった悩みというか、質問って多いなと感じています。

結論的に伝えるとありますよね。
それも、とってもたくさん。

え、ないですよって思った時点で
あなたはあなた自身の本心が分かっていないのではないかなと思います。

一度自分の心と向き合ってみよう

きっと大半の人は
「継続した仕事が欲しいのですが、何をしたらいいですか?」
という言葉の裏には
「簡単に、楽に、苦労せず、いやな思いせず、
継続した仕事が欲しいのですが、どうしたらいいですか?」

っていう思いが隠されているのではないでしょうか。

「簡単に、楽に、苦労せず、いやな思いせず」継続した仕事があるのでしたら
ぜひシーアンドエスにご紹介いただきたいっ!!

最初に、継続できる仕事はたくさんあるとお伝えしました。

時々、データ入力とか記事作成で破格な金額で募集している記事を見ます。

破格な金額での仕事は、おそらくですが質は求められていない。

記事作成であれば
これについて〇文字以上でまとめてくださいってことで
検索して情報見つけて、それを元に、言い方変えて、自分の考えを少し足して
そんな感じでOKですよね。きっと。

それ1記事300円でとしましょうか。で、3000字とします。
(募集は、9000円とかあるけど、結局30記事とかで、1文字 @0.1円だったりってことありますよね。)

初めての人だとどうかな。
10時間ぐらいかかるのかな。

まあ、10時間としましょう。

であれば、時給30円なり。5時間としても150円。

・・・こういう仕事であれば、発注側は
だれでもウエルカムではないかと思います。

逆に継続してくれてありがとうってなります。

たしかにお仕事の条件としてよろしくない。
んなこた、だれでもわかってる。

でも・・・発注先にもよりますが、経験値を積ませてもらうにはよいケースだってあります。

破格な仕事については、発注側も後ろめたいというか
申し訳ないなって気持ちあると思います。(いや、あってほしいけど、ないかもしれない)

だからそんなにむちゃなことは言わないはずです。
(あー、でもいるみたいなんで、ここではよい発注先の場合としましょう)

なかなか仕事をもらえなかった人が、この仕事を受けることができた。

やってみた。(やれない人もいるでしょう。多分。)

大変だったので、もう2回目はやらない。

また仕事がもらえない。

もらえた。

大変だったので、もうやらない・・・

じゃ、いつレベルあげるのっていう話。

ゲームとかでも、最初弱くても、続けていると、武器入手したりパワーが上がったりしますよね。

でもうまくいかないからって、リセットばかりしていたら
いつまでたってもスタートから。

それなのに、早くラスボスのところに行きたいなあって
早く人間になりたーいって「妖怪人間ベム」じゃないんだから
ちゃんとやることやろうよって感じ。

やることというのは、在宅ワークでいうとまずは費用関係なく
自分の経験を増やし、スキルを磨くこと。

さっきの仕事についても
1回目 10時間かかった
でも2回目は、普通にやっても10時間はかからないはず
3回目は、「慣れ」というところからもっと時間は短縮される

そして、ある程度「慣れ」というところから短縮されたのであれば
次に「工夫」をしてみる。

まあ、最初の「慣れ」というところで平行してできるのがベストだけど
難しい人は、ひとつひとつでいい。

「工夫」とは、例えば検索した情報をまとめていくのに、ワードではなく
メモ帳などシンプルなものにコピペして
まず、その中で編集してみるとか
言い回しを変えたりするのに、その参考になるサイトとかあるのだけど
類義語辞典 https://thesaurus.weblio.jp/
goo辞書 https://dictionary.goo.ne.jp/thsrs/
こういうのを参考にしてみた とか
情報を集めるのに、検索ワードを違う視点から考えてみたとか・・・

まあ、やろうと思えばいろいろある。

そこで自分がどれだけ時間を短縮できるか。

あと、在宅だからといって、でき次第というのもあまりよくない。
(これも慣れてからでいいと思うけど)

内容に妥協しないといけないケースもある。

在宅で完璧を求めていたら、いつまでたっても終わらないよ。

妥協点というのは、金額に比例してていいと思う。
(あ、人にもよる)

だから、〇時間以内で、最低品質でいいから
納品できる状態はつくっておくという区切りは必要。

そうして、ひとつの仕事である程度経験値が上がったら次の仕事に挑戦したらいい。

そのときには、すでにがんばった実績があるのだから
それがあなたの武器になっている。

そしてその武器で戦えるところで勝負する。

大勝負に出てもいいけど、まあ撃沈するだろう。
でもそれも経験。

そうしてそうして、それらを積み重ねて
強い武器を増やして、結果優良案件に近づいていく。

その思いがなければ、初心者が在宅ワークで思うように仕事をするには
はなかなか難しい。

昔昔、私が在宅ワークを始めたときのお話・・・

私が在宅ワークを始めたとき、もちろん初心者なわけだけど、初心者を受け入れてくれるところは
なかなかなくて、やっと見つけた発注先。

下請けの下請けの下請けみたいな感じだったので、納期は1日。
原稿が届いて、翌日にはその原稿を発送しないといけない。

子供が小さかったから昼間は仕事をしないようにしてて
その仕事が入ったときは、基本徹夜で入力してた。

あのとき君は若かったって感じよ。ほんと。
がんばってた・・・

で、そんなにがんばって原稿返却の費用は、自分持ちだったから
正直プラスマイナス0に近い。

光熱費とか細かいこと入れたらマイナスだったかも。

でも、すっごい学ばせてもらったと思ってる。

今あるのは、そこで仕事をさせてもらったおかげ。
(でまあ、支払いについてはとんでもないことがあったのだけどそれはまた次に)

今の人は、基本、家にPCがあって簡単にクラウドで案件を見つけることができて
さくっと何かしようと思えばできる環境。

でもいつの時代も初心者がやらないといけないことは同じだと思う。

最初からいい思いなんてできないよ。

多分、そういうことが分かっている人は
「継続した仕事が欲しいのですが、どうしたらいいですか?」っていう質問しないと思う。

じゃあどうするよ・・・

ちょっとやってみたけど、条件がよくない仕事は自分から断って
よい条件の仕事は、なかなか継続してもらえない。
(1回目はテスト的なところがあるからね。特にクラウドの場合。)

そこで「なぜ?」って思うかもだけど、とっても単純で
まだそこで戦えるだけの武器を持っていなかったってこと。

だから、まずは自分の経験値であり、スキルを上げるということに目を向けてみないといけないと思う。

ちなみに、頭使ってね。
頭使わないとちょっと賢いゴリラレベルよ。
単純にこなしていくという意味ではないので、そのあたりご理解くださいませ。

それと・・・ライターさんの体験談からどういう発注先があるのか気になってみてみました。

たしかにね・・・ これ、応募する人いるのかなって思うけどいるんだよね。

あくまでこれは私の意見だけど、記事作成で@0.1円を切る仕事はいくら経験を積ませてくれるとはいえ慎重に。

最安値1文字 @0.032円になるようなのもあったね。
@0.032円ってあなた、3000字の記事で96円でっせ。

何かいろいろ指導してくれるってことだけど、稼ぐということであれば、タスクのアンケートに答えていった方が 効率はいいよね。
学ぶっていうことであれば、経験的にやってみるのもいいんかなあ。
まあ、昔の私ならとりあえず1回はやってみたかもね。
もう若くないからやらないけど・・・ なにごとも経験っちゃあ経験です。

P.S.
あと、これは経験やスキルうんぬん関係なくすべて自分が正しいと思っている人は無理だよ。
最初は受け入れてくれるかもしれないけど、そういう人は扱いにくいからね。
どんなに仕事のレベルが高くてもいきなり切られるよ。

それが在宅ワークの怖さなんです。