Blog教えたい編

在宅ワークをしてみて一番大切だったことは・・・

在宅ワークをしてみて一番大切だったことは

在宅ワークをしてみて一番大切だったことは・・・

それは突然だった。
コロナウイルスは、私たちから“普通”を奪い“常識”までも一変させた。
生きていくために必要な“働き方”への価値観も世界と帳尻を合わせるかのように急スピードで変化していき、瞬く間に「リモートワーク」や「在宅ワーク」という“自由な働き方”が当たり前の世界へと移り変わっていた。
私自身も「世界に置いていかれないように」と在宅ワークをスタートしてみたが、
実際に経験しないと分からない在宅ワークの“裏の顔”は、想像以上に凄まじいものだった。
そこで今回は、“これから在宅ワークをはじめる方、はじめようとしている方”が後悔をしないように、在宅ワークで躓いた壁と、私が見つけた乗り越え方を紹介したい。

ドキドキワクワク!はじめての在宅ワーク

「いつまで続くのだろう」という漠然とした未来への不安を抱きはじめたことをきっかけに私は外に出る働き方を捨て、在宅ワークへと転向した。
当初、在宅ワークは「楽そう」とか「人と会わなくて良い」だとか、とにかく良いイメージばかりを抱いていたので、勝手に日々のストレスから解放されると思い込んでいた。

しかし、そんな期待は一瞬で裏切られた。同時に前知識と前準備の大切さを痛感した。

開放できると思っていたストレスは消滅するどころか身体的&精神的のダブルパンチで襲いかかってきたし、
少しも前準備ができていなかったことが起因となり、日を増すごとに不安感がじわじわと募っていった。

とはいえ、既にこれまでの働き方や生活を捨ててしまっていたので、私には乗り越えるしか方法は残されていなかった。
その頃「もっと早くデメリットを知っていたのなら、それなりの対処ができたのに」という後悔の中で溺れていたと思う。

在宅ワークの裏の顔、最初にぶち当たった壁

それでは、愕然とした在宅ワークのデメリットを紹介していこう。

切り替えの難しさが異常

プライベートと仕事の切り替え、勤務時間での仕事と休憩時間の切り替え、とにかく切り替えが難しい。
意識をしなければ、ずっと仕事をしている人になる。要領の悪い仕事ができない人になってしまう。

仕事環境を整えないと、えらいことになる

間違っても「デスクもねぇ、チェアーもねぇ」という最悪の環境で、在宅ワークに挑まないでほしい。
仕事環境が整っていなければ、肩こり、腰痛、眼精疲労に苦しむことになる。
現に私はVDT症候群という現代病を患ってしまった。

意識しないと全く外に出なくなる

外に出る機会が極端に減るので、“外出欲”が皆無になっていく。何をするのも、めんどくさいが勝ってしまう。
よって“美意識”が低下し、鏡の中の自分が大嫌いになる。

自ら進んで人に会わなくなる

人に会わない日々が続くので、人の温もりを忘れてしまう。
職場での無駄な雑談、同僚とランチでの不毛な会話が無性に恋しくなる。何気ないあのコミュニケーションが必要だったことを思い知る。
「もう誰にも会わなくっていっか」まできたら、どんどん人の輪郭を忘れていく。それは悲しくて、とても怖い。

感情のコントロールが難しい

太陽光に当たることで保っていたはずの生活リズムは日に日に崩れていく。
人間は太陽光を浴びることで健康を保つことができているらしいが、在宅ワークでは太陽の存在を忘れるので、当然のように自律神経は乱れる。すると感情のコントロールが取れなくなる。
突然、びっくりするくらい泣いたりしてしまった時は自分でも引いたくらい、外に出ないことは精神状況までもズタボロになっていく。

そんな試練からメリットも徐々に浮き彫りになってきた

そんな在宅ワークのデメリットに嘆きながらも必死に取り組んでいくうちに、なんと苦しみからの抜け道を見つけることに成功する。
デメリットがあるならメリットもある。必ずどこかに打開策はあるのだ。

お金を使わない

在宅ワークを始めてから1ヶ月、2ヶ月と経った頃、手元に残っているお金が増えていることに気付いた。
無意識ではあったが、外勤の時にかかっていた交通費や高いランチ代、帰り道の無駄使い、洋服代、美容代が浮いたことによって、大幅に節約ができていたのだ。
無理なく貯金することができるので、将来への不安が消滅する。

朝の無駄な出勤時間がない

これまでずっと心のどこかで「この出勤時間が無ければ」と思いながら出勤していたが、
在宅ワークになってからは、ギリギリまで眠ることが可能になったし、余裕あるモーニングタイムを過ごすことができるようになった。
“無駄”をそぎ落とし、“余裕”を手にするによって得られた多幸感は計り知れなかった。

在宅ワークをしてみて一番大切だったことは・・・

自分はどこでも行ける、何でもできるという開放感

当初デメリットだと思っていた“切り替え問題”は、逆に考えば自由なタイムスケジュールで仕事ができるということだと気付き、徐々に開放感がうまれるようになった。
「自分は自由なんだ」と思うことで、余裕ができた。
この時間やルールに縛られない働き方は、これからの人生で最も重要になるポイントなのかもしれない。

仕事環境をいつだって変えられる

誰が何と言おうが在宅ワークは自由なので、別に勤務場所を自宅だけに絞らなくていい。
カフェやコアワーキングスペース、最近ではリモートワークプランを提供しているホテルもある。
何なら少し遠くの街に旅行感覚で行ってもいい。海沿いのテラス、はなれの旅館だって仕事場所にできる自由を手にできているのだ。

職場環境を理由しての「辞めたい」が一切ない

駅から遠いからとか、通勤時間が長いからとか、トイレが汚いからとか、職場の人間関係が良くないからとか、そんな業務内容から外れたのことで悩むことがなくなる楽さは最高に幸福だ。
どうでも良いことで「辞めたい」になるのは、すごく勿体ないと思うから。

在宅ワークとは「自由」を愛することが重要だった

始めはデメリットだと思っていたことでも、在宅ワークを続けていくうちにメリットへと変化したことが多くあった。
少し見方を変えてみるだけで、問題点は一気に解消された。
「自由」に首を絞められているうちは辛くて息苦しいが、その「自由」を丸ごと愛してしまえばメリットへ変えることができるのだ。
つまり在宅ワークは「自由」を手に入れることができるが、その「自由」を上手く使いこなさないと無意味になってしまうということである。

新しい時代を上手に生きてみようじゃないか

今後も更に在宅ワークという働き方は世界中で広がっていくだろう。
在宅ワークが自分に合っているかを見極めることが大前提ではあるが、新しい世界へ一歩踏み出す勇気も必要だと思う。

何事もメリットとデメリットのどちらも受け入れ向き合っていくことで、上手な生き方や働き方が可能になる。
「自由」を愛し「自由」を武器にしていく強さを身に付けてほしい。
そして、ストレスフリーのビジネスライフを手にしていこうではないか。共に幸福になろうではないか。

この記事を書いた人

marukorin

大阪生まれ大阪育ち、大阪ぎらいのフリーライター。
型枠にはまらず人の心にスッと染み込むような文章を心掛けて執筆中。
“好奇心は忠実に”をテーマに「好き」を集めながら生きています。【愛】を活字で具現化したていきたい。

marukorinの記事一覧